キャンプギアの準必須品❣寝袋&マットについて!第2弾(弊社レンタル調べ)

キャンプギアの準必須品❣寝袋&マットについて!第2弾(弊社レンタル調べ)

こんにちは。HARIスタッフの高倉です。

■今回は寝袋&マットギア!!【第2弾】です。

テントのシートだけでは良い睡眠が取れません。準必須ギアの寝具について、検証してみました。(弊社レンタル商品内)車中泊にもお使い頂けます。

テント内にマットを引くことで地面から伝わる熱や冷気もカットし断熱、保温効果があり、充実した時間がテントの中で過ごすことが出来ます。睡眠はとっても大事で帰宅までの体力にも直結してきます。

テントは雨の日などは雨音を!駐車場に近いキャンプ地では走行音でさえ違う感じに聞こえてきます。普段聞こえない音を感じたりできる場所です。その場所を充実させるギアです。

夏場のキャンプは湿気や熱気により肌とマットが擦れ「キュッキュッ」と音が鳴りますので上に1枚タオルやブランケット等を敷いたほうが良いと思います。

冬場のキャンプはマットの下にもう1枚テントシートや百均などでもあります、銀色のシートを引くと断熱性が格段にUPします!寝袋は基本的に下にマットを敷いて使用した方がいいです。

▼リラクシングキャンプマット【WAQ】

マット マット 

自動で膨らむオートエアバルブマットに不可欠な高性能バルブを搭載しているマット。広々使える134CMのダブルサイズ。膨らました時の厚みもあり自宅のように快適に過ごせます。 収納の大きさは弊社の中では1番大きいです。

マット マット

 マット マット マット

 空気溝のモードの画像です。

マットの空気入れの順序!

・開放モード

 空気入れる初めの段階は開放モードで放置してください。

・吸気モード

 しばらくたってこの吸気モードへ(排気しないように弁が作用します)

マットの排気の順序!

・開放モード

 空気を抜く初めの段階は開放モードでクルクルと抑えてください

・排気モード 

 しばらくたってこの排気モード へ(吸気しないように弁が作用します)

▼キャンピングマット シングル【WAQ】

マットWAQ マットWAQ   

強度があり防湿性に優れているXPE素材を使用しており、アルミ加工面(銀色)を下にすれば地面から伝わる熱をカットし保温効果を無くし涼しくなる。上に向ければ体から出る熱を反射させ暖かくな保温性をアップ。その時々に使い分けできます。裏表を使い分ける事でオールシーズン使うことが出来ます。

マットwAQ マット WAQ 

水洗いもOK!キャンプ終了時み水をかけてもすぐ乾くメッシュタイプの収納袋です。エアマットと違い穴があく心配もなく長くご使用頂けます。バイクキャンプ可能な大きさです。

▼楽々足史式エアマット【KINGOODS】

あしふみふみ あしふみふみ  

こちらにポンプが内蔵されていますので、ポンプの口を避けて約40-60回ほど足でふみふみすれば簡単に膨らみます。膨らみ終わった後は見た目も触った感じも空気はいってる?ぐらいなのですが、実際に寝てみるとマットになっています。(幅は小さめです)

あしふみふみ あしふみふみ あしふみふみ

枕の部分もあり、2つ以上マットを連結できるようにボタンが付いています。収納時はキャップが2重になっていますので、2個目まで開ければ空気が抜けていきます。このボコボコが映えて機能的です。バイクキャンプ可能な小さいサイズになります。

*********************************************************************************** 

 いかがでしたか?

今回は弊社取扱い商品の寝袋&マットギア【第2弾】について、ご紹介いたしました。ダブルサイス1枚よりシングルサイズ2枚の方が穴が開くリスクを軽減できるかと思います。(テントの下は地面の凸凹や石が多いので)大切なギア選びの参考にして下さい。

また他も、いろいろ紹介していきますのでお楽しみに。

▼▼こちらからレンタルできます▼▼

マット マット マット マット マット

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

カテゴリ一覧

アーカイブ

1 4